2020年05月14日

とうもろこしの皮むき

C1020C80-A729-46A2-843D-5555072C62E1.jpeg
夫が市場でひげと皮付きのとうもろこしを仕入れてきたので、子どもに皮をむくお手伝いをしてもらいました。

E65A6F87-F28A-426B-9196-7E75CDD54204.jpegE1E66BC3-667A-464C-BB6B-B7495578B92E.jpeg
先月のベビーコーンに比べると、大きなとうもろこし。同じように、皮は外側から1枚ずつむいていきます。
下の芯を先に折るとむきやすいです。

とうもろこしの実とひげはつながっているので「実とひげの数は同じ」。そのため、ひげがたくさんあるものは実がぎっしり詰まっています。

B8F93ACF-2F3C-459F-A6D7-C024AE2F1B57.jpegFDAF1150-0604-4B3F-91F5-C9B159D69DDB.jpeg
むいたとうもろこしは、写真のように輪切りにしたもの2個を水で濡らしてラップに包み、電子レンジ800W1分間で加熱。直後は熱いため、流水で冷ましてからいただきました。
posted by aya5 at 22:50| 食育

2020年05月12日

お湯に混ぜて冷やすだけ「寒天ゼリー」

588B0583-CE7F-4759-8D8E-B6832EF19214.jpeg
昨日から暑い日が続いており、5月なのに真夏の陽気。今日は以前購入した富澤商店の寒天ゼリーを作りました。

他にも青りんご、梅、ぶどうなど味のバリエーションが豊富ですが、定番の味はほぼ売り切れでした。

514DDA3A-C741-47B7-A025-5862CC464D3E.jpeg
ゼリーを固めるポイント
粉寒天で作るゼリーは2分間ほど沸騰させないと固まりませんが、富澤商店の寒天ゼリーは逆で沸騰すると固まらないそうです。

作り方
AEACD0D4-E943-4965-BD10-5F5BA84DACE2.jpeg
1.鍋に水を600ml火にかけて沸騰させます。(甘さ控えめがお好みの場合は、水700mlでも十分固まります)

1B539CAD-9017-456B-A8CA-783C6836E966.jpeg
2.火を止め、寒天の素を1袋一気に入れます。

37A17989-BC3F-44AE-BA1F-6192B0A73B2F.jpeg
3.泡立て器で1分間よく混ぜます。
鍋は熱いため、子どもがお手伝いする際はフチや側面に触らないように注意しましょう。

16C49C39-A6FE-4F89-90C1-FD05BF5F6D4A.jpegC5740AF3-7296-49F5-9907-75292D7DA774.jpeg
4.お玉で容器に分けます。まだ液体は熱くプラスチック容器で溶けてしまう物もあるため、耐熱ガラスや陶器の容器に入れます。

5.冬なら常温で固まりますが、夏は冷蔵庫で冷やすとよりおいしくいただけます。

C7B7636E-8484-46F2-8A46-B9F5F07D8EA1.jpeg
完成。手軽に作れて子どももお手伝いできる寒天ゼリー、家庭では冷蔵庫で2、3日は持ちますので、暑い日のおやつにおすすめです。
posted by aya5 at 15:25| 食育

2020年04月23日

野菜スタンプでお花を描く

32464392-8301-4B09-ADFE-06A9F181F54F.jpeg
野菜の捨ててしまう端っこの部分を集めて、野菜スタンプをしました。

6CC3803C-3192-4D92-97F2-3401FEB4953C.jpeg
水性絵の具を野菜の断面に薄く付けて白い紙に押します。

0294F2D2-A949-48A4-9587-4589EE1B3E9B.jpegB72D5112-1408-4997-ACCD-33E4E52D6C99.jpeg
赤い大花:玉ねぎ、ちんげん菜
赤い小花:小松菜
葉:ピーマン下
茎:ブロッコリー
黄色:さつま芋
オレンジ:花型人参
青:長葱、ピーマン上

もうすぐ母の日なので、赤い花を描きました。野菜によって模様が違うのが面白いみたいでたくさん押して楽しんでいました。
天気の良い日中に洗濯バサミで外に干しておくと、半日で乾きます。
posted by aya5 at 20:46| 食育